アルミカーテンボックスはボックスレール

すぐにお問い合わせする
アルミカーテンボックスはボックスレール ビルディングの主張をサポートする 田中金属の【ボックスレール・BOXRAIL®】 木からスチール、そしてアルミへ
開口部の意匠性を高める重要なファクター。

建築において開口部は、その機能性、意匠性を高めるための重要なファクターとなります。そこに使用されるカーテンボックスは、建物のサッシから天井への接続として、また建築工事の工程序列配置、そしてインテリアの意匠的要素として重要なポイントであり、必要不可欠な部位と言えます。

カーテンボックスのパイオニアとして多様な設計ニーズにお応えしています。

アルミ押出型材によるカーテンボックスの専用メーカーとして、1969年の発売以来、田中金属の「ボックスレール・BOXRAIL」は、様々な建築物の開口部に数多くのご採用をいただいております。今日の建築物はますます高層化・多様化し、快適空間の創造のために、新技術の開発、完全不燃化、工法の改革、さらには、よりハイテクな意匠表現を満たす建材の開発が求められています。

規格の組み合わせからオーダー製作まで。

建築の多様なニーズに応えるべく、田中金属の「ボックスレール・BOXRAIL」は、単体の使用はもちろん、用途に応じて各種組合わせができるほか、埋込みや直付けなどにも、袖板・露出カバー・持出材等により、あらゆる開口部に合理的に対応いたします。またオーダー製作にも長年の実績的経験とノウハウでお応えします。

一体加工生産システムによる高品質・高精度な製品を安定供給します。

田中金属は、各部材の精度品質管理において細心の注意を払うべく、自社工場において一体加工生産システムを導入しています。常に高品質製品の安定供給はもちろん、現場の施工負担を軽減するため、施工性においても創意工夫がなされています。快適空間への限りない思い入れ、田中金属の「ボックスレール・BOXRAIL」は、インテリアの隠れたエレメントとして、充分に満足できる仕上がりをお約束いたします。